pepからだ工房

■ 延べ10万人を施術して辿り着いた「身体に優しい回復法」。

 

東京で約10年間かけ、整体業界で良いと言われる様々な療法を学び、多くのお客様を施術してきました。

 

その結果、身体を回復させるのに必要な共通の真理がいくつか存在していることに気づき、身体に優しい回復法「PSTメソッド」に辿り着きました。

 

当院では「身体に優しい回復法」を日々研究し痛みでお困りのお客様に、身体に負担のない回復法を提案・提供しています。

                             

      

■ 症状を二つのカテゴリーに分類。

 

①筋肉の異常緊張によって起こる症状

 

緊張性頭痛・顎関節症・慢性肩こり・五十肩・腱鞘炎・野球肘・テニス肘・慢性腰痛・ぎっくり腰・椎間板ヘルニア・後天性側弯症・変形性股関節症・座骨神経痛・成長痛(オスグッド)・半月板損傷・分裂膝蓋骨症・ジャンパー膝・肉離れ・捻挫後遺症・動悸・シンスプリント etc

 

②血行不良によって起こる症状

 

片頭痛・めまい・メニエール・突発性難聴・味覚障害・嗅覚障害・橈骨神経麻痺・大腿骨頭壊死症・手足の痺れ・浮腫み・冷え性・高血圧・アレルギー性紫斑病・花粉症・逆流性食道炎・うつ病・視力低下・月経困難症・橈骨神経麻痺・ヘルペス・パーキンソン症候群・脳梗塞後遺症 etc

■ 痛みを「止める」のではなく、体質改善で「なおす」意識へ。

 

薬や器具や強い指圧で痛みをごまかすのは簡単です。ですが続けていけば副作用で筋繊維は傷つき、筋肉はどんどん固くなり、血流が悪くなっていきます。

 

身体を回復させるには体質改善が必要で、「いかに筋肉を柔らかくするか。」「いかに血流を良くするか。」を考える必要があります。

 

症状回復・再発防止には"自分の痛みは自分でなおす!"という強い意志が必要です。生活の見直し、栄養バランスの改善、筋肉のストレッチなど、皆様にとって最善なケア法を一緒に考えていきます。

■ 子ども達に身体に優しい回復法を。

アレルギー性紫斑病は、当療法(PSTメソッド)が初めて入院や投薬なしで回復出来る技術を確立し発表した症状です。

 

独自の理論と技術により、一般医学で言われる半分以下の日数で回復が可能です。

投薬なしで回復させるので副作用に苦しむこともなく、再発率が非常に低くなります。

 

当院では子どもに負担を与えず回復できるようサポートを行っています。